電子書籍と紙の本を比較してみよう

メリットとデメリットはその人次第

 

電子書籍にはメリットもあればデメリットもあります。もちろん紙媒体も同じで、メリットもあればデメリットもありますね。そのメリットとデメリットを比較することが大切です。どちらが便利でどちらが使いやすいのかはその人次第となります。

 

電子書籍が向いている人

 

とにかく色々な本を手軽に読みたいという人は電子書籍が向いています。電子書籍はサイト上にたくさんの書籍があります。そのため、とにかく色々な本を手軽に読むことができます。本屋に探しに行く手間もないですし、サイト上で何を読もうか選ぶだけでいいので楽ですよね。そして、どこでも読むことができます。本だと持ち運ぶのが面倒だから、分厚い本は自宅でしか読まないという人もいるのではないでしょうか。でも電子書籍ならタブレットやスマートフォンなどでいいので、いつでも気軽に重い書籍を持ち運ぶ必要もなく、読めるのがメリットですね。

 

普段読書をする時間をとるのが難しいとなると、通勤や通学中ぐらいが一番時間をとりやすいと思います。そうなると紙媒体の本よりも電子書籍の方が読みやすいのではないでしょうか。

 

紙媒体の書籍が向いている人

 

とにかく本が好き、という人は電子書籍よりも紙媒体の書籍をおすすめします。実際に紙媒体の書籍は、電子書籍が人気になってきたからといって、減っていることはないですよね。本そのものの手触りやにおい、本を読むならやっぱりページをめくりたい…という感覚を大事にしたいという人は、電子書籍では物足りなさを感じてしまいます。紙そのものを楽しみたい、という人ですね。

 

本には書き込みもすることができて、その後ずっと自分の本として置いておけるため、愛着もわいてくるのではないでしょうか。

 

また本屋に行って本を選ぶ楽しみを感じたい、という人も、電子書籍ではないほうがいいですね。

 

それぞれの良さを活用しよう

 

どちらか一つに決めるのではなく、電子書籍と紙媒体の書籍を一緒に活用するのが一番いい利用方法かなと思います。どうしても手に入れたい、手元に置いておきたいものは紙媒体の書籍で、それ以外でちょっと気軽に読みたいだけの本であれば電子書籍で…と使い分けができると、より一層便利ですね。本の楽しみをもっと広げましょう。