電子書籍の利用方法

サービスを提供するサイトで登録をする

電子書籍を読んでみる

電子書籍は自由に閲覧できる、というものではありません。電子書籍を閲覧するためには必ず登録が必要です。サービスを提供するサイトはいくつかあり、すべてが同じ電子書籍を提供している、というわけではありません。専門分野だけに特化してサービスを提供しているサイトもあるので、自分の興味のある分野の電子書籍を提供しているサイトを利用しましょう。サイトに登録をすることによってはじめて閲覧する権利を得ることになりますね。

 

会員登録の段階では無料というところもありますが、やはり電子書籍を読むことになると、お金はかかります。この金額もサイトによって違います。1冊あたりいくらというような金額もあれば、毎月〇冊まで○○円、というような金額設定もあります。

 

アプリをダウンロードする

 

電子書籍は専用の端末もしくはタブレットなどで読むことになるので、アプリをダウンロードする必要があります。これもサイトが提供しているアプリがあるはずなので、ダウンロードして見られる状況を整えましょう。そしてアプリを利用してログインして無事に電子書籍を利用することができます。

 

ただしタブレットがない場合は、スマートフォンでも大丈夫です。スマートフォンだと問題となるのは、その大きさです。タブレットサイズならある程度の大きさがある読みやすいですが、スマートフォンだとかなり小さくなってしまいますよね。例えば、通勤中など出かけている先でちょっとだけ読むのはいいかもしれませんが、家で今までの紙媒体の書籍代わりにじっくり読みたいとなればどうでしょうか?スマートフォンのサイズで見続けるのは目が疲れてしまいます。タブレットの方が確実に読みやすいので、電子書籍を長く利用したいと考えている人は、タブレットの購入を考えてみてはどうでしょうか。

 

電子書籍は便利に利用できるのが一番のメリットとなるので、いきなりタブレットを準備するとなると、手間とお金ばかりかかってメリットがなくなってしまいます。まずはスマートフォンで利用しやすいかどうか確認し、その後本格的に利用するとなったらタブレットを用意するといいですね。