電子書籍は紙の質感と重さがない

本を読んでいるという感覚があまりない

 

今まで本を紙媒体で読んできた人にとっては、切り替えで電子書籍にすると本を読んでいる感覚がないと感じるはずです。本そのものの重さがないですし、ページをめくるといっても電子書籍の画面上でめくるだけなので、めくっている感覚もないですよね。あとどれぐらいかなとか、どれぐらい読んだかな…というようなことも見た目でわからないので、どうしても読んでいる感覚はなくなってしまいますよね。

 

実は紙媒体で読む方が、しっかりと読んだ記憶に残りやすいといわれています。やはり五感をフル活用するので、記憶に残るのではないでしょうか。電子書籍だと基本的に視覚だけを活用します。もちろんタブレットを持って読むのですが、それよりも本の重さやニオイなどがプラスされたほうが、記憶に残りやすくなります。本を読んだという感覚はそのあたりからも来ているのではないでしょうか。

 

ずっと読めるわけではない

 

電子書籍はダウンロードすればいつでもどこでも読めるというのがメリットではあるのですが、それがずっと続くわけではありません。登録したサイトでのサービスが終了してしまったらどうでしょうか?せっかく持っていた電子書籍ももう読むことができなくなってしまいますね。今までお金をかけて購入してきたのに、それが全部読めなくなる可能性もあるのです。そうなると、ずっと手元に置いておける紙媒体の書籍の方が良いのかな、と思うところもありますね。多少変色などはあるかもしれませんが、持ち続けている限りずっと読める本として手元に置いておけます。

 

電子書籍を提供しているサイトが安定して運営できているか、というところも確認しながら選ぶ必要があるでしょう。急にダウンロードできなくなったら…と思うと怖いですよね。、しっかりとサイトを選べばこういった問題は起きないので、利用する前に調べておかなくてはいけません。

 

電子書籍は便利ではありますが、その便利な点がデメリットになってしまうこともあります。電子書籍が自分に向いているかどうかは、デメリットも確認してからのほうがいいですね。